小さな金でもコツコツと!

現在、金の買取相場は高い!

金は元々相場が変動しにくい金属なので、極端に下落することはありません。その理由は、古代からの金の人気による普遍的な価値にあり、産出量の8割は価値が変わりにくい装飾品に使用されているので、相場が変動しにくいのです。特に近年では、世界の経済状況が不安定なので世界の共通通貨と化している金を買い集める傾向が強まっています。しかも個人レベルではなく、国の代表的な銀行までもがそのような行動に出ているのです。 同じく貴金属のプラチナよりも現在金の相場は高くなっています。本来であれば、圧倒的に産出量の少ないプラチナが金よりも高くあるべきなのですが、プラチナは工業用途に使われている割合が7割なので、世界の経済動向によって相場の変動が激しくなります。現在は工業用としての需要が以前ほど高くなく、しかも供給量が増えているためにプラチナの相場が下がり、金の方が高くなっているのです。安定した相場を誇る金を資産として保持する動きは今後もしばらく続くと予想されています。

壊れた装飾品?問題ありません!

前段で述べたように、現在金の価値が高まっています。金を売ろうと思って家にあるいらないアクセサリーを見直してみると、片方しかないイヤリングや古臭い指輪、ちぎれたネックレスのようなものしか無いかもしれません。こんなものが売れるんだろうかとお考えになる方がいらっしゃるかもしれませんが、まったく問題なく売ることが出来ます。 例えば金のアクセサリーを買い取っても、そのまま再販することはあまりありません。一度溶かして不純物を取り除きリサイクルするのです。よって、アクセサリーとして価値が無いと思える金でも純粋に金の重さを基準として買い取ってもらえます。しかも貴金属をまとめて買取に出すと査定が上がる傾向にあります。現在の金は1gが4700円もするので、メガネだろうが金歯だろうが、ほんのちょっとの金でもかき集めて買取に出せば、想像以上の査定になるかもしれませんよ!